About us

私たちについて

  • TOP
  • 私たちについて

リード薬局は、岡山県下における在宅特化型調剤薬局のパイオニアとして、個人宅や高齢者施設に薬剤師が日々お薬をお届けしています。在宅調剤は薬剤師と患者様との距離が近く、24時間365日いつでも服薬に関するご相談にお答えします。これからも、患者様一人ひとりに寄り添い、安心と安全を提供することで地域医療の発展に貢献します。

ごあいさつ

この度はリード薬局ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は、ドラッグストアで薬剤師として勤務していた際に、薬剤師が担う役割として「これからは患者様や高齢者施設に寄り添える在宅調剤に力を入れるべき」と一念発起し、2015年に株式会社タイオン365を立ち上げ、在宅調剤事業をスタートしました。

従来の来店型の調剤薬局では、ひっきりなしに患者様が来られるため、一人ひとりの声に耳を傾ける余裕がなく、お薬を取りに来た施設の職員が困っていても助けられないこともあります。団塊の世代が後期高齢者年齢に達し国民の4人に1人が75歳以上になる「2025年問題」を前に、これからは、薬剤師もホスピタリティを意識したサービスに転換しないといけません。その答えが在宅調剤にあります。

リード薬局では、高齢者施設にお薬を配達する場合、施設ごとのご要望に応じた分包方法でお薬を準備しお届けしています。これにより、施設職員の薬に関する作業時間とヒューマンエラーへの心的負担を軽減でき、入浴や食事のお世話など本来の介護業務に注力していただけ、サービスの質や、施設の価値、満足度の向上につながるのです。

これからも、岡山の在宅調剤薬局のパイオニアとして、地域の医療福祉に貢献するとともに、一人でも多くの方の笑顔が引き出せるよう取り組んで参ります。

株式会社タイオン365
代表取締役 藤井 大温

在宅特化型の由来

高齢化社会が進む中、高齢者を取り巻く医療・介護業界は変化しており柔軟な対応が必要とされてきました。 薬局業界も同様で、薬局の中には、在宅医療では訪問指導を行わず、ただお薬を配達するだけのところもあります。患者様が本来受けるべき「サービス」という利益が奪われ、ご家族や施設の方は、お薬の配薬や管理などの負担が増えているのが実情です。
そんな中、リード薬局は「在宅に特化し、地域のためになる薬局を作りたい」という思いから誕生しました。お薬をお届けするのは当然のことながら、残薬の調整や副作用の確認など徹底した管理、患者様に寄り添ったよりよいサービスの提供、施設・病院・薬局間の連携向上に伴う施設評価の向上などに努めています。
皆様が立ち寄りやすい薬局、皆様が話しかけやすい薬剤師、そんな身近な存在になることがリード薬局の目標です。